御魂ダンジョン8階攻略

概要

御魂ダンジョンとは、曜日によって様々な御魂がドロップするという強くなるには攻略必須のダンジョンだ。土日は全御魂がランダムでドロップする上、ドロップ率アップのお守りが貰える。8階は☆6の御魂が1%の確率でドロップするようになる。確率は低いが、ソロでも安定して周回できるのでおススメの階層だ。

御魂・巻物ドロップ率

御魂ダンジョンと叢原火(そうげんび)ダンジョンの御魂と巻物のドロップ率

御魂ダンジョン8階の詳細説明

御魂ダンジョン8階の敵構成

1回戦

  • 管狐のアイコン管狐
  • 判官のアイコン判官
  • 餓鬼のアイコン餓鬼

判官は全体攻撃に加え、スキル「死の宣告」でこちらの行動前に158%の追撃が確率で加わる。防御面は弱いので、判官から真っ先に倒そう。次は単体に高火力攻撃を放つ管狐、それから餓鬼の順で倒すといいだろう。

御魂ダンジョン8階の1回戦参考画像
御魂ダンジョン8階の1回戦

2回戦

  • 白狼のアイコン白狼
  • 椒図のアイコン椒図
  • 胡蝶の精のアイコン胡蝶の精

胡蝶の精は回復、椒図はライフリンクなので、ダメージソースは白狼のみ。単体への高火力攻撃をしてくるので、まずは白狼を落とそう。それから椒図、胡蝶の精で問題なく先へ進めるはずだ。

御魂ダンジョン8階の2回戦参考画像
御魂ダンジョン8階の2回戦

3回戦

  • 茨木童子のアイコン茨木童子×2
  • ヤマタノオロチのアイコンヤマタノオロチ

SSR茨木童子が両脇に。7階の荒川の主よりかなりの高火力で単体攻撃を放つ。こちらも7階同様、山兎で先手を取り、椒図のライフリンクを張ってしまおう。1ターン目で1体は倒しておきたい。難しいようなら、兵俑等の状態異常系式神の活用も有用となる。ヤマタノオロチはスタン状態にさせる全体攻撃をしてくるので、晴明の「言霊・守」でバリアを張り、スタンを回避したい。次のターンでは単体攻撃をしてくるが、こちらも強力なので、味方が倒されて再行動されないように、椒図のライフリンクはしっかり張るようにしよう。

御魂ダンジョン8階の3回戦参考画像
御魂ダンジョン8階の3回戦

攻略おススメ式神と考察

おすすめ式神一覧

  • 安倍晴明のアイコン安倍晴明
  • 姑獲鳥のアイコン姑獲鳥(SR)
    • アタッカー 全体攻撃
  • 大天狗のアイコン大天狗(SSR)
    • アタッカー 全体攻撃・再行動で単体攻撃
  • 茨木童子のアイコン茨木童子(SSR)
    • アタッカー 単体攻撃・スキルにより全体攻撃も可
  • 座敷童子のアイコン座敷童子(R)
    • 鬼火確保
  • 恵比寿のアイコン恵比寿(SR)
    • 回復&鬼火獲得
  • 桃の精のアイコン桃の精(SR)
    • 回復&復活
  • 花鳥風月のアイコン花鳥風月(SSR)
    • 全体回復&リジェネ
  • 蛍草のアイコン蛍草(R)
    • 全体回復&サブアタッカー
  • 椒図のアイコン椒図(R)
    • サポート ダメージ分散
  • 山兎のアイコン山兎(R)
    • サポート 行動ゲージアップ
  • 兵俑のアイコン兵俑(R)
    • サポート 挑発
  • 一目連のアイコン一目連(SSR)
    • サポート バリア

考察

8階からぐっと敵も強くなり、一筋縄ではいかなくなる。しっかり御魂を強化し挑みたい。一目連はSSRとなるが、バリアが非常に強力な式神だ。素早さも上げると、敵の攻撃前にバリアを張ることができる。恵比寿の鯉のぼりもバリアで守ることができるので、敵から鯉のぼりも守れるという点でも安心だ。