御魂ダンジョン3階攻略

概要

御魂ダンジョンとは、曜日によって様々な御魂がドロップするという強くなるには攻略必須のダンジョンだ。土日は全御魂がランダムでドロップする上、ドロップ率アップのお守りが貰える。では、3階を攻略していこう。

御魂・巻物ドロップ率

御魂ダンジョンと叢原火(そうげんび)ダンジョンの御魂と巻物のドロップ率

御魂ダンジョン3階の詳細説明

御魂ダンジョン3階の敵構成

1回戦

  • 磁器蛙のアイコン磁器蛙
  • 胡蝶の精のアイコン胡蝶の精
  • 桃の精のアイコン桃の精(覚醒)

胡蝶の精と桃の精は回復スキル持ち。特に桃の精は復活スキルを持っているので、真っ先に倒していきたい。磁器蛙は「嶺上開花」や倒したあとに発動する「転運」が単体への高火力ダメージになるので、こちらは椒図でダメージを分散したいところ。椒図がなければ、なるべく御魂でHPを補っておこう。

御魂ダンジョン3階の1回戦参考画像
御魂ダンジョン3階の1回戦

2回戦

  • 椒図のアイコン椒図(覚醒)
  • 鯉の精のアイコン鯉の精(覚醒)
  • 海坊主のアイコン海坊主

鯉の精はダメージ吸収バリアがあり、また椒図はライフリンクでダメージを分散してしまう。海坊主は全体攻撃スキルがある上、1番HPが低い敵式神に対してのHP回復スキルを持っている非常に厄介な式神だ。全式神がレベル20で、2体が覚醒済みとなるので、しっかりこちらも攻撃力を上げて挑みたい。

御魂ダンジョン3階の2回戦参考画像
御魂ダンジョン3階の2回戦

3回戦

  • 座敷童子のアイコン座敷童子×2
  • ヤマタノオロチのアイコンヤマタノオロチ

座敷童子は鬼火を供給する式神となるので、ヤマタノオロチが鬼火を気にせず攻撃を仕掛けてくる。また座敷童子自体も全体攻撃スキルを持っているから気を付けたい。ボスのヤマタノオロチは全体攻撃があり、しかも一定確率だがスタン状態となってしまう。座敷童子がいると、この攻撃が頻繁になってしまうので、まずは座敷童子2体を優先して倒してしまおう。また、ヤマタノオロチは単体攻撃も強力で、味方が倒されると、ヤマタノオロチが再行動後に単体攻撃をしてくるので要注意。安倍晴明のスキル「言霊・守」でしっかりバリアを張るか、椒図のライフリンクでしっかりダメージを分散しよう。

御魂ダンジョン3階の3回戦参考画像
御魂ダンジョン3階の3回戦

攻略おススメ式神と考察

おすすめ式神一覧

  • 安倍晴明のアイコン安倍晴明
  • 姑獲鳥のアイコン姑獲鳥(SR)
    • アタッカー 全体攻撃
  • 海坊主のアイコン海坊主(SR)
    • アタッカー 全体攻撃・回復
  • 座敷童子のアイコン座敷童子(R)
    • 鬼火確保
  • 蛍草のアイコン蛍草(R)
    • 全体回復&サブアタッカー
  • 桃の精のアイコン桃の精(SR)
    • 回復&復活
  • 椒図のアイコン椒図(R)
    • サポート ダメージ分散

考察

海坊主はこの階で敵をして出てくるが、味方としても頼りになる式神だ。海坊主の与えたダメージ量が回復量に依存するので、攻撃力は上げておきたい。そして覚醒すれば、回復量が与えたダメージの100%になるため、覚醒状態で出陣させるとより良いだろう。椒図はライフリンク自体も強いが、ライフリンク中にHPも少量ではあるが回復してくれるのが強み。桃の精の良いところは、なんといっても復活スキルだ。桃の精は回復と復活のスキルを両方持つ唯一の式神。SRなのでそこまで育成も難しくない。ただ、全体回復をするには、会心率が必要不可欠となる。御魂の6番は会心にして、会心率100%を目指そう。