叢原火(そうげんび)ダンジョン攻略 癡の陣

叢原火(そうげんび)ダンジョン攻略癡の陣

概要

このダンジョンでも御魂が手に入る。薙魂・玉樹・反魂香が固定のドロップ、そのほか曜日に応じて対応の御魂がドロップとなる。癡の陣への挑戦券は、御魂ダンジョン10階で入手可能。そのため、癡の陣に出現する敵もかなり手ごわい。しっかり育成した式神で出陣しよう。

御魂・巻物ドロップ率

御魂ダンジョンと叢原火(そうげんび)ダンジョンの御魂と巻物のドロップ率

叢原火(そうげんび)ダンジョン攻略 癡の陣の詳細説明

「癡の陣」敵構成

1回戦

  • 蛍草のアイコン蛍草
  • 蛍草のアイコン蛍草(覚醒)×2
  • 妖狐のアイコン妖狐

貪の陣・瞋の陣とパーティ構成は同じ。ただし一筋縄ではいかない強さとなっている。蛍草は回復役だが、回復量は攻撃力に依存するので、攻撃されてもダメージが大きくかなり痛い。ただ、それよりも妖狐の単体連続攻撃で大ダメージを受けたくないので、まずは妖狐から倒してしまおう。もし1ターン目で倒せないようであれば、椒図のライフリンクを張ってダメージを分散させれば安定する。

2回戦

  • 三尾の狐のアイコン三尾の狐(覚醒)
  • 蛍草のアイコン蛍草(覚醒)
  • 胡蝶の精のアイコン胡蝶の精(覚醒)
  • 兵俑のアイコン兵俑
  • 椒図のアイコン椒図(覚醒)

山兎で先制を取りたいが、兵俑がかなり速い設定となっている。山兎の素早さは200以上欲しいが、それよりも低いのなら効果抵抗はしっかり上げて挑もう。兵俑の挑発対策として、大天狗をパーティに組み込むと安定するだろう。三尾の狐は単体攻撃だが、高火力となるので、椒図でしっかりライフリンクを張りたい。

3回戦

  • 叢原火のアイコン叢原火×3

叢原火の特徴として、1体に顔が3つあり、同じ顔が3つ揃うとそれぞれ効果を発揮する。

  • 貪のお面:味方の鬼火を3点獲得
  • 嗔のお面:敵全体の攻撃力及び防御力ダウン
  • 癡のお面:味方全体の攻撃力アップ

貪のお面に攻撃されるとスタンの可能性があるので、貪のお面を揃えないようにする。そして他の面は積極的に揃えていき、味方にバフ、敵にデバフをかけていこう。また、瞋のお面は攻撃力が高いので、椒図のライフリンクを張るか一目連のバリアで大ダメージを受けないように。スタン等の事故で式神が倒されたときように、復活のスキルを持つ桃の精をパーティに組み込むと安心だ。

攻略おススメ式神と考察

おすすめ式神一覧

  • 姑獲鳥のアイコン姑獲鳥(SR)
    • アタッカー 全体攻撃
  • 大天狗のアイコン大天狗(SSR)
    • アタッカー 全体攻撃
  • 茨木童子のアイコン茨木童子(SSR)
    • アタッカー 単体高火力攻撃(あふれた分は全体へ)
  • 恵比寿のアイコン恵比寿(SR)
    • 回復&鬼火獲得
  • 桃の精のアイコン桃の精(SR)
    • 回復&復活
  • 一目連のアイコン一目連(SSR)
    • サポート バリア&攻撃力アップ
  • 山兎のアイコン山兎(R)
    • サポート 行動ゲージアップ&攻撃力アップ
  • 座敷童子のアイコン座敷童子(R)
    • 鬼火発動
  • かぐや姫のアイコンかぐや姫(SSR)
    • サポート 鬼火獲得
  • 椒図のアイコン椒図(R)
    • サポート ダメージ分散

考察

兵俑の挑発や叢原火のスタンに対抗できる式神が必要となる。素早さを上げた山兎、効果抵抗を上げるスキルがあるかぐや姫、デバフを1回無効化できる大天狗がパーティにいると安定する。桃の精は復活スキルを持つが、回復役としても活躍させたいなら、御魂6番は会心にして、会心率100%にしておこう。全体回復もできるようになると、かなり心強い式神となる。